service事業内容

プロジェクト紹介

CoC認証マーク
プロジェクトNo.3

水産資源を守るCoC認証取得

高瀬物産は2018年3月に、MSC漁業認証の取得が世界で広がる中、MSC認証を取得した水産資源の流通に必要な「CoC認証」を取得いたしました。

水産資源の現在と今後

世界の水産生産量は、世界各地の需要の拡大に伴い増加し、1970年からの約30年間で2倍以上となりました。それによる水産資源の不足を背景に、1990年代以降は生産量が停滞しています。しかし今後の水産物需要は、人口の増加、所得水準や嗜好の変化、健康・安全志向により増加をすると見込まれており、将来的に需要がひっ迫すると予想されています。世界の水産物需給が将来的にさらにひっ迫すると、水産物の乱獲、枯渇がさらに加速する可能性があります。

髙瀬物産における取り組み

髙瀬物産では、水産資源及び海洋環境を守り、持続的な水産物の供給に取り組む国際的な団体である「MSC(海洋管理協議会)」の趣旨に賛同し、「CoC認証」を取得しました。

MSC(海洋管理協議会)とは

「MSC(海洋管理協議会)」は、「減少傾向にある世界の水産資源の回復」を目指して1997年に設立された国際的非営利団体(NPO)で、「持続可能な漁業」を行う漁業者を認証する制度を管理・運営している機関です。基準を満たした漁業者は製品をMSC認証製品として取り扱い、また「CoC認証」を取得した事業者は、その認証水産物を流通することが認められます。

MSC漁業認証

科学者、NGO、および漁獲、加工、小売分野の代表者との、広範で国際的な協議プロセスを経て作成された「持続可能な漁業のための原則と基準」に基づき、独立した認証機関が漁業を審査します。
審査は以下に関するMSCの原則と基準に基づきます。

  • ・資源の持続可能性
  • ・漁業が生態系に与える影響
  • ・漁業の管理システム

CoC認証

CoC認証とは、加工・流通チェーン内でMSC認証を取得した漁業からの製品と非認証製品とを確実に分別するための仕組みです。
MSCラベルの貼付を望む団体はCoC認証が必要です。また、認証を取得した供給業者から水産物を入手しなければなりません。これは、加工業者、卸売業者、レストラン、小売店など、サプライチェーンのそれぞれの過程に適用されます。

「環境にやさしい」水産物の流通はもちろん、魚介類の生態系を尊重した水産資源の有効活用と安全・安心な水産物の供給に髙瀬物産は取り組んでいきます。

ページのトップへ

contact
お問い合わせ

「仕入先をお探し」などお取引について、「商品PR・各種情報など」調達情報など
各種お問い合わせはこちらからご覧ください。

お問い合わせ